画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
©東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
TFM000198
 
 
作品名
松桜図屏風
作品欧文
Folding Screen with Design of Pine and Cherry Blossoms
 
 
作家名
俵屋宗達
作家名欧文
Tawaraya Sohtatsu
 
 
生没年
-1643
 
 
年代
Early Edo Period
制作年
江戸時代前期
材質・形状
紙本金地着色 六曲一隻
寸法
155.0×355.0cm 員数 1
 
 
所蔵先
東京富士美術館
画像データ
21.5MB
解説
画面を対角線で区切るように右上方から左下方にかけて、夥しいまでの松の緑の塊が連なり、左上方の金地空間と鮮やかな拮抗をなすような斬新で奇抜な構図である。大胆な構図法や松、桜の樹幹の描法など一見して宗達のそれを思い起こさせる。松といえば養源院の「松図」、緑の色面と金地の対比による効果と言えば烏丸光広賛の「蔦の細道図屛風」を連想するが、それらにごく近いともいいがたく、また程遠いともいえない微妙な作風を持つ。本図には落款、印章はないが、作者を宗達と推定すれば、「蔦の細道図屛風」にみられるような色面による抽象へと至る過渡期の頃の作品と考えるのが自然であろう。ともあれ、右上端に描き入れられた大輪の八重桜は、独特の盛り上げ彩色による厚みとかたちを備え、松葉の群れに負けじと咲き誇って、画面にひときわ興趣を添えている。