画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
©東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
TFM000052
作品No.
1105-DP1
画像No.
01105m.tif
 
 
作品名
モレル・ダルルー伯爵夫人と息子
作品欧文
Countess Morel d’Arleux and Her Son
 
 
作家名
メアリー・カサット
作家名欧文
Mary Cassatt
 
 
生没年
1844‐1926
 
 
年代
1906年頃
制作年
1906年頃
材質・形状
パステル、カンヴァス
寸法
83.8×67.0cm
 
 
所蔵先
東京富士美術館
画像データ
7.4MB
解説
カサットは、アメリカで生まれ、主にパリで仕事をした女流画家。ドガの知遇を得、印象派の運動にも参加したが、自らの芸術の独自性を失うことなく、円熟期には、堅固な構成、力強い形態を作り上げた。モレル・ダルルー伯爵夫人はカサットの友人で、本作は、その息子が2歳の時の作品である。パステルの特徴を生かした明るい色調と柔らかい肌の仕上がりは、同時代のパステル画の名手であるドガやルノワールと比肩しうる。