画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
©東京富士美術館イメージアーカイブ/DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
TFM000034
作品No.
3543-ED1
画像No.
03543_7m.tif
 
 
作品名
皇帝マクシミリアンの凱旋
作品欧文
Triumphal Return of Maximilian I, Holy Roman Emperor
 
 
作家名
アルブレヒト・デューラー
作家名欧文
Albrecht,Durer
 
 
生没年
1471‐1528
 
 
年代
1609年刷(1518年彫版)
制作年
1609年刷(1518年彫版)
材質・形状
木版、紙
寸法
45.0×228.1cm、(各)45.0×24.8-32.3cm
 
 
所蔵先
東京富士美術館
画像データ
23.1MB
解説
神聖ローマ帝国の皇帝マクシミリアン1世(1459ー1519)の事蹟と威光を称揚させるために描かれた「凱旋」行列の中心をなす大凱旋車の図。歴史上、「最後の騎士」と称される皇帝マクシミリアン1世は、1512年のニュルンベルクへの行幸以降、デューラーに命じて自らの事蹟と威光を称揚させるためにこの「凱旋」のシリーズを制作させた。「凱旋行列」の基本的な理念は、無敵を誇ったローマ将軍の凱旋入城の先例に遡るもの。この凱旋シリーズの連作は、古代の実際の凱旋行列に代わるものであり、多数の芸術家がこの制作に関わった。ドイツ最