画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
Photo © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF-DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
RMN08508290
作品No.
RF219
画像No.
08-508290
 
 
作品名
作品欧文
La Source
 
 
作家名
ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル
作家名欧文
Jean-Auguste-Dominique Ingres
 
 
生没年
1780‐1867
 
 
分類
絵画
年代
19世紀
制作年
1856年
材質・形状
油彩・カンヴァス
寸法
163×80
 
 
所蔵先
オルセー美術館
画像データ
2.3MB
モチーフ
裸婦,女性,泉,壷,RMN08508290
解説
この作品は、アングルがフィレンツェに滞在していた1820年頃に着手され、帰国後の1856年にようやく完成された。アトリエでの個展で公開されると、たいへんな反響を巻き起こし、その後、多くの画家が《泉》の模写をしたり、影響を受けた作品を生み出した。水が流れ出す壺を持つ女性で泉を表現するのは、ジャン・グージョン作《罪なき幼な子の泉》の浮彫り彫刻からインスピレーションを得たと考えられている。片膝に重心をかけ、少し腰をひねったポーズは、古代彫刻の「ウェヌス・アダディオメネ」の系譜をひいていることは間違いないだろう。