画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Gérard Blot /distributed by AMF-DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
RMN06517979
作品No.
INV3705
画像No.
06-517979
 
 
作品名
自画像
作品名欧文
Portrait de l'artiste
 
 
作家名
ジャック=ルイ・ダヴィッド
作家名欧文
Jacques‐Louis David
 
 
生没年
1748‐1825
 
 
分類
絵画
年代
18世紀
制作年
1794年
材質・形状
油彩・カンヴァス
寸法
81×64
 
 
所蔵先
ルーヴル美術館
画像データ
3.3MB
モチーフ
自画像,肖像,男性,アトリエ
解説
熱心なジャコバン党員であったダヴィッドは、1794年のロベスピエールの失脚後、逮捕されて留置場に連行され独房に入れられてしまう。独房とはいえ、そこは当時軍隊にいた彼の弟子のひとりが所有していた小さなアトリエであり、生活条件もそう厳しくはなく、家族との面会も可能であったし、弟子が絵画の道具と鏡を差し入れてくれもした。その鏡を使って独房で制作されたのがこの自画像である。きりっと結ばれた口元、血気盛んな様子を物語る眼差しなど、追いつめられた自分の境遇に対して立ち向かおうとする画家の姿勢を読みとることもできよう。