画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Gérard Blot /distributed by AMF-DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
RMN06517978
作品No.
INV3701
画像No.
06-517978
 
 
作品名
教皇ピウス7世
作品名欧文
Portrait du pape Pie VII (1742-1823)
 
 
作家名
ジャック=ルイ・ダヴィッド
作家名欧文
Jacques‐Louis David
 
 
生没年
1748‐1825
 
 
分類
絵画
年代
19世紀
制作年
1805年
材質・形状
油彩・板
寸法
86×71
 
 
所蔵先
ルーヴル美術館
画像データ
3.1MB
モチーフ
肖像画,教皇,男性,新古典主義
解説
1800年に教皇に選出されたピウス7世を描いた肖像画である。《皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠》を描くための準備として、ダヴィッドはその中の主要人物の写生を行った。これはその内の1枚で、《戴冠》でピウス7世はナポレオンの後ろに座っている。当初、教皇は貧相に描かれるのではないかと危惧して、ダヴィッドに肖像を描かれるのを嫌がったと言われるが、ダヴィッドはこの作品を描くにあたって、ラファエロやベラスケスが描いた教皇像をよく研究し、威厳に満ちたピウス7世像を作り出した。(冨-2)