画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
Photo ©RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
RMN05515650
作品No.
RF2736
画像No.
05-515650
 
 
作品名
ポントワーズ,グルエットの丘、畑を横切る道
作品名欧文
Chemin montant à travers champs. Côte des Grouettes, Pontoise
 
 
作家名
カミーユ・ピサロ
作家名欧文
Camille Jacob Pissarro
 
 
生没年
1830‐1903
 
 
分類
絵画
年代
19世紀
制作年
1879年
材質・形状
カンヴァスに油彩
寸法
54×65
 
 
所蔵先
オルセー美術館
画像データ
4.2MB
モチーフ
風景画,道,夏,田園,丘,畑,ヴァル・ドワーズ,イル・ド・フランス,印象派,RMN05515650
解説
ピサロは、1866年から82年にかけて、1870年の普仏戦争の前後にルーヴシエンヌとロンドンに滞在した時期を除き、ポントワーズに住んだ。この作品は、ポントワーズのグルエットの丘の道を描いている。細かな筆触で木々や茂みにあたる光を表現する印象派独自の技法が用いられているが、画面左右に大きく木を置き、中央に奧に続く道を配した構図からは安定感も得られている。1879年には第4回印象派展が開催され、ピサロは38点を出品した。(千-3)