画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
Photo © RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski/distributed by AMF-DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
RMN04004191
作品No.
RF1984-53
画像No.
04-004191
 
 
作品名
十字架のキリスト
作品欧文
Christ en croix
 
 
作家名
オディロン・ルドン
作家名欧文
Odilon Redon
 
 
生没年
1840‐1916
 
 
分類
絵画
年代
20世紀
制作年
1910年頃
材質・形状
油彩・カルトン
寸法
25.7×47.1
 
 
所蔵先
オルセー美術館
画像データ
4.7MB
モチーフ
キリスト受難図,宗教,キリスト,十字架,聖書,幻想,象徴主義
解説
画面中央に十字架に架けられた少年のようなキリストが描かれ、聖母も聖人も登場しない簡素な画面に仕上げられている。背景は白く、キリストを輝かせ、前景は鮮やかな赤や黄色で天上世界を表現しているかのようである。同時代の印象主義の画家モネやルノワールが、目の前に広がる風景や、光を映す水面を描いたのとは対照的に、ルドンは神話や聖書の世界を題材としてたぐいまれな想像力によって描いた。何よりも見る者の目を捕らえて離さないのは、ルドン独自の鮮やかな色彩感覚であろう。(神-3)