画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / René-Gabriel Ojéda /distributed by AMF-DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
RMN00013133
作品No.
MI1447
画像No.
00-013133
 
 
作品名
カロリーヌ・リヴィエール嬢(1793-1807)
作品欧文
Mademoiselle Caroline Rivière
 
 
作家名
ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル
作家名欧文
Jean-Auguste-Dominique Ingres
 
 
生没年
1780‐1867
 
 
分類
絵画
年代
19世紀
制作年
1805年
材質・形状
油彩・カンヴァス
寸法
100×70
 
 
所蔵先
ルーヴル美術館
画像データ
5.8MB
モチーフ
肖像画,女性,リヴィエール,ドレス
解説
南仏モントーバン出身の画家アングルは、ダヴィッドの下で学び、1801年にはローマ賞を獲得。1806年から18年にわたってイタリアに滞在し、巨匠たちの作品を研究しながら、多くの肖像画を制作した。これはアングル25歳のときの作品で、モデルとなったリヴィエール嬢もまだ15歳、初々しさが漂う佳作である。顔の表現などに多少のぎこちなさが残るものの、白いドレスや毛皮のケープ、手袋の質感が見事に表現されている。アングルは、行政裁判所審議官だった彼女の父とその妻の肖像画も、同時に制作している。(人-1)