画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / G.Blot/digital file by DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
RM000915
作品No.
INV 1739
画像No.
89EE2330
 
 
作品名
エマオのキリスト
 
 
作家名
レンブラント・ファン・レイン
作家名欧文
Rembrandt van Rijn
 
 
生没年
1606‐1669
 
 
分類
絵画
年代
17世紀
制作年
1648年頃
材質・形状
油彩・カンヴァス
寸法
68×65
 
 
所蔵先
ルーヴル美術館
画像データ
2.5MB
モチーフ
キリスト,聖書,エマオ
解説
クレオパともうひとりのキリストの弟子が、エルサレム近郊の村エマオへ行く途上で復活後のキリストに出会った。二人は彼がキリストであるとは、すぐにはわからず、エマオで宿をとった時、キリストに一緒に泊まるようすすめる。そして晩餐時、キリストがパンを割いて祝福を与えた時、二人は彼がイエスであることがわかった。とともにその姿は見えなくなった。典拠は「ルカ伝」第24章。カラヴァッジョに構図をならうも、キリストを中心とする画面構成は劇的空間というよりは、むしろ静かで荘厳な雰囲気を醸し出している。(新-2)