画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / G.Blot/digital file by DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
RM000852
作品No.
RF1
画像No.
88EE1745
 
 
作品名
ピエタ
 
 
作家名
ボウツ,ディルク
作家名欧文
Bouts,Dirk
 
 
生没年
1415頃‐1475
 
 
分類
絵画
年代
15世紀
制作年
1460年頃
材質・形状
油彩・板
寸法
69×49
 
 
所蔵先
ルーヴル美術館
画像データ
2.2MB
モチーフ
宗教画,ピエタ,キリスト,聖母,マリア
解説
ボウツはオランダ出身であるが、現在のベルギーのルーヴァンで活動したと考えられている画家である。本作品は、ボウツがロヒール・ファン・デル・ウェイデンの影響を受けていた初期の頃の作品である。十字架の前で、聖母が硬直したキリストを抱き寄せ、悲しみに打ちひしがれている。聖母を気遣うヨハネ、後方には涙をいっぱいためて放心したマグダラのマリアが描かれている。ボウツはこれらの登場人物を、現実感のある広大な自然空間に配している。(神-1)