画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
画像提供:林原美術館/DNPartcom
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
HMA13X00010
作品No.
HMOA13X00010
画像No.
HMOA13X00010
 
 
作品名
坤輿万国全図屏風
 
 
分類
屏風
年代
江戸時代
材質・形状
紙本著色
 
 
所蔵先
林原美術館
画像データ
13.3MB
解説
坤輿万国全図は、1602年にイタリア人宣教師のマテオ・リッチ(1552~1610)が中国で刊行した世界地図で、地球が球体であるという説を元に中国を中心にして描いた地図のことである。日本列島は本州、四国、九州と特徴を捉えて描かれているが、北海道の位置に北陸道があるなど正確ではない。本作は坤輿万国全図を彩色して屏風に仕立てたもので、江戸時代中期頃の作と考えられる。岡山藩主池田家伝来。参考文献:『林原美術館名品選』(平成29年4月1日発行)