画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
福岡市博物館所蔵 画像提供:福岡市博物館 / DNPartcom 撮影:藤本健八
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
FCM1978P000210002
画像No.
1978P000210002
 
 
作品名
刀 名物「圧切長谷部」
作品欧文
Katana Sword Known as "Heshikiri"
 
 
作家名
刀工:長谷部国重
 
 
分類
武器
年代
桃山時代
材質・形状
鎬造・庵棟・身巾広く重ねややうすく・反り浅く
寸法
長さ:64.8 反り:0.9
指定
国宝
 
 
所蔵先
福岡市博物館
画像データ
1.1MB
解説
 へし切長谷部」とも。
 『黒田家御重宝故実』によると、織田信長(おだのぶなが)がこの刀を所有していたとき、茶坊主(ちゃぼうず)の観内(かんない)が信長の怒りにふれ膳棚(ぜんだな)の下に逃げ隠れたところ、信長がこの刀を棚の下に差し込んで圧(へ)し切ったのでこの名があるという。そして『黒田家譜(くろだかふ)』に、天正3年(1575)に姫路の主君小寺政職(こでらまさもと)の名代として織田信長に拝謁(はいえつ)した黒田孝高(くろだよしたか)が、中国の毛利攻めのときには協力する旨を伝えたので、その申し出に喜んだ信長から「御太刀一腰賜」ったとある。その太刀がこのへし切であったという。のちにこの太刀は短く磨上げられ、黒田長政の代に刀剣鑑定家である本阿弥光徳(ほんあみこうとく)(1554~1619)が、山城(やましろ)(京都)の刀工長谷部国重(はせべくにしげ)の作であると証明し、あわせて黒田筑前守(ちくぜんのかみ)(長政(ながまさ))の所持であることを金象嵌(きんぞうがん)した。刀身の身幅の広さ、比較的大きな鋒(きっさき)、茎(なかご)の尻先(しりさき)まで掻(か)き通した棒樋(ぼうび)などにもとの勇壮な大太刀姿を偲ぶことができるが、その大きさにもかかわらず、美しく細やかな肌、明るく冴えわたった地沸(じにえ)、刀身に散り広がる飛び焼き(皆焼(ひたつら))などの鍛えのすばらしさでも有名である。なお桃山時代の金霰鮫打刀拵(きんあられうちがたなこしらえ)(重文・当館所蔵)を写した、10代藩主黒田斉清(なりきよ)の文化文政期(1804~30)頃に制作されたと思われる拵(こしらえ)が付いている。昭和28年(1953)3月に国宝指定。【ID Number1978P00021】参考文献:『福岡市博物館名品図録』
注釈
参考文献:『黒田家の甲冑と刀剣』・『福岡市博物館名品図録』・『黒田家・その歴史と名宝展』 銘:表「黒田筑前守」・裏「長谷部国重本阿(光徳の花押)」