画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
福岡市博物館所蔵 画像提供:福岡市博物館 / DNPartcom 撮影:藤本健八
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
FCM1978P000060001
画像No.
1978P000060001
 
 
作品名
黒漆塗南蛮鉢歯朶前立兜(正面)
作品欧文
Helmet with Fern Ornamentation
 
 
分類
武器
年代
桃山時代 16世紀
材質・形状
革・漆・金属・布
寸法
鉢高:22.7 前後幅:22.8 左右幅:19.5 重量:1750g
 
 
所蔵先
福岡市博物館
画像データ
18.1MB
解説
 「黒田家重宝故実」によると、関ヶ原合戦の前に、黒田長政が徳川家康から拝領したもの。貝原益軒の「朝野雑載」では家康が長久手の合戦で着用したとされる。しかし長政は、大坂冬の陣には豊臣恩顧の大名として江戸へ留め置かれた。そのため黒田忠之にこの兜を被らせ出陣させた。また黒田騒動との関わりでは、忠之が寵臣の倉八十太夫に与えたところ、栗山大膳が取り返し、元の蔵に戻したとされている。【ID Number1978P00006】参考文献:『黒田家・その歴史と名宝展』
注釈
徳川家康より黒田長政拝領

参考文献:『黒田家の甲冑と刀剣』・『福岡市博物館名品図録』・『黒田家・その歴史と名宝展』