画像提供元
作家/制作者
作品名/資料名
クリア
閉じる

作品詳細

クレジット表記
福岡市博物館所蔵 画像提供:福岡市博物館 / DNPartcom 撮影:藤本健八
ご利用上の注意
ご利用内容により、画像提供元(美術館・博物館等)から事前に許可を得ねばならない場合があります。
コレクションNo.
FCM1978P000020002
画像No.
1978P000020002
 
 
作品名
銀箔押一の谷形兜(斜め)
作品欧文
Helmet with the Shape of Ichinotani
 
 
作家名
所用:初代黒田長政
作家名欧文
Owned by Kuroda Nagamasa
 
 
分類
武器
年代
桃山時代
材質・形状
革・漆・金属・布
寸法
鉢高:32.0 重:3100g
指定
重要文化財
 
 
所蔵先
福岡市博物館
画像データ
17.2MB
解説
初代福岡藩主黒田長政の甲冑の一つ。兜の後ろの飾りは、檜の板に銀箔を張ったもので、源平合戦の鵯越(ひよどりごえ)の逆落としで有名な一の谷の古戦場の懸崖を表したとされる。また、具足は黒糸で威した桶側胴である。一の谷形兜は長政が同僚の大名・福島正則と不和解消のため、、大水牛脇立兜と交換し、関ヶ原合戦に着用した。後世、甲冑は「御神器(ごしんき)」とよばれ、この甲冑を着用した馬上像とともに崇められた。その他の藩主の甲冑は二代忠之の鯰尾形兜・黄糸威鶉巻胴丸具足以下、幕末維新期まで約250年間にわたる歴代藩主の着用した甲冑が、合わせて計16領残っている。三代光之以下は太平の時代にあった室町復古調の甲冑となっているが、それでも兜は水牛の脇立をもつなど初代長政の影響が見られる。また、六代継高が初代長政の一の谷形兜・黒糸威胴丸具足を模倣し、10代斉清、11代長溥や12代長知も長政に似せた甲冑を作らせるなど、長政の武将としての威風を慕うものも多い。鉢高:32.0 重:3100g/胴高34.4 重:5250g【ID Number1978P00002】参考文献:『福岡市博物館名品図録』
注釈
【甲冑】参考文献:『黒田家の甲冑と刀剣』・『福岡市博物館名品図録』・『黒田家・その歴史と名宝展』